mabanua
Event

GROOVE MOMENT feat. mabanua at.molehall

  • Posted by admin , Published on 2013.04.15 Mon , Category: Event , Tags:

今回のGROOVE MOMENTは、心を包むやさしいメロディ、
そして空間を埋め尽くす、温かいグルーヴをお届けします。

Ovallをはじめドラマーとして、またビートメイカー/シンガー/プロデューサー…と、多岐にわたって活躍をつづけ、
昨年ソロ2作目となる ALBUM “only the facts ”をリリースしたばかりの “ mabanua”
mabanua本人のヴォーカル&ドラムに加え、ツイン・キーボード、ベースの4人編成でのステージで、
アルバムの世界観をさらに広げるライブならではの貴重な機会!

地元からは”信州madeのブレンドmusic”4pインストバンド ”cosmorama”、
様々な”音”を実験的に紡ぎだし、独自の空間を表現するHip-Hopジャム”Aragosta”
SwingタイムDJ には、Tiger,Asahi Kurata ,Sumica の3人が参加。 Hip-Hopに根差した温かく深い選曲をお聞き逃しなく!
そして、今回もフロアにはやさしい彩を灯す、handmade candle lifart… のキャンドル。

シアワセな音と光、そしてドラマティックな出会いの旅に、みなさんとぜひ。



| LIVE : mabanua
    mabanua ( dr,vo. ) / sunapanng ( bass ) / sj ( key.) / Kan Sano ( key. )

    cosmorama
    Aragosta

| SwingTime DJs :
    Tiger (F.S.P) / Asahi Kurata (mothermoon music ) / Sumica ( BLACK SUMMIT )
    折橋栄一 ( BLACK SUMMIT / MOLE HALL )

| Candle : handmade candle lifart…

| 日時:2013年6月15日(土) OPEN:19:00
| Ticket : 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
| 会場:molehall
    長野県松本市深志1-2-15CENTURY MAXIMビルB1
| TEL: 0263-88-5535
| E-mail: otegami@molehallproject.com
| HP: www.molehallproject.com WEB予約はこちら


| Artists Biography:

mabanua / マバヌア

ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、Hip-Hopのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。
その唯一無二のスタイルにジュラシック5のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brownらも共感、MySpaceを通じ彼らと交友を深めコラボした1stアルバム[done already]は「ヨーロッパ全域の iTunes HIP-HOPのトップページでPICK UPされ、英BBCラジオでOAされるなど各国で話題に。

2009 年、レーベルメイトのShingo Suzuki(Bass)、45 a.k.a. SWING-O(Key.)、渥美幸裕(Guitar)と共に月刊でアルバムをリリースするプロジェクト<laidbook>をスタート、1つのテーマに沿ってセッションを繰り広げアートと音楽を融合させ たソングブックを毎月リリースし続けるという前代未聞の試みが各所で話題となる。

また、Shingo Suzuki(Bass/Key)、関口シンゴ(Guitar)と共にバンドOvall(オーバル)としても活動、バンド名義でのアルバムリリース前にも関わらず朝霧JAM 2009に出演、 緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
2010年は、FUJI ROCK、GREEN ROOM、RISING SUN、SUNSETなど全国の大型フェスに出演。3月にリリースした1st アルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』では、Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、HanaH、類家心平他世界中のアーティストが集結。 iTunes HIP-HOPチャートで1位、タワーレコードbounce年間チャートで総合(洋邦含む)8位を記録し、英・仏でもリリースされる。
さらに2011年に1stミニアルバム『Heart Fever』をリリース、その人気は不動のものに。
2012年、origami主宰のWebメディアOshite(オシテ)にて2ndミニアルバム『In TRANSIT』を3,000人限定で無料でリリース。リスナーのみならずミュージシャンやクリエイター陣の間でも反響を呼び、grooveman Spot、Budamunk、Kan Sano他豪華リミキサー陣によるリミックスアルバム『Re: Ovall』が急遽リリースされた。また、ヒップホップユニットGAGLEとの<GAGLE×Ovall>としても活動開始、アルバム『GAGLE×Ovall』のリリースに加え、全国各地でのライブで定評を得ている。

ソロとしても活躍の場を広げ、Chara、TWIGY、七尾旅人、COMA-CHI、清水翔太、川本真琴、AISHA、Eshe (Arrested Development)、Chet Fakerなどのプロデューサー、リミキサー、ツアードラマーとしても活躍。
2011年にはビートメイカーBudamunkと共に<Green Butter>、タブラ奏者U-zhaanと共に<U-zhaan×mabanua>プロジェクトを始動するなど積極的なコラボワークを展開。また山嵜廣和(toe)×U-zhaan×mabanuaとして、中村勇吾ディレクションのもとUNIQLOに楽曲提供。さらに、Tower Recordsの“No Music, No Life?”キャンペーンにレーベルとして登場。
2012年、mabanua名義でITADAKI、U-zhaan×mabanua名義でFUJI ROCK、KAIKOO、さらに矢野顕子、小山田圭吾、MIYAVIと共に100%ユザーンに出演。
ライブのみならず、各種メディアへの楽曲提供も多数手掛け、Google、イオン、キユーピー他数々のTVCMやフジテレビ系アニメ「坂道のアポロン」の音楽を制作。
待望の2ndアルバム『only the facts』は発売直後から品切れが続出し、国内外から絶賛され大きな話題なっている。

現在最も注目されている日本人ドラマー / クリエイター。

mabanua.com



  • Sunapanng

    16歳より、ベースを始め、山内総一郎(フジファブリック)らとバンドを組む。ジャズに目覚め、ウッドベースを始める。日野照正、ハンクジョーンズとセッションを重ね、2002年、古川 卓(韻シスト)らと、ニューアーバンポップバンド「 Brown Sugar」 を結成、バンド解散後はニューヨークへジャズ修行に。PUFFY、榎本くるみ、45a.ka.a.SWING-O等のレコーディング、ツアーに参加。




  • sj

    さまざまなバンド・アーティストとのセッションを重ね活躍をつづける鍵盤職人。
    ovallをはじめkeycoのサポート等、活動の幅は広い。
    仙台出身、神奈川県を経て岡谷在住





  • Kan Sano

    Pianist/Composer/Producer。1983年8月6日生まれ。石川県金沢市出身。 11歳よりピアノと作曲を独学で始める。
18歳で渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。
在学中にはMonterey Jazz Festivalなどに出演。
ピアニストとしてCOMA-CHI、Eric Lau、佐藤竹善、
押尾コータロー、キムジヒョン、ゲントウキ、Glynis Martin、羊毛とおはな、長谷川健一と共演。T-SQUARE、SOIL&”PIMP”SESSIONS、OVALL、
Mountain Mocha Kilimanjaroなど
多方面の様々なバンドのメンバーとセッションを重ね、現在はTwigy、mabanua、TRI4THなどのライブサポートを行う。プロデューサーとしてMercedes-Benz mixed tapeやCosmopolyphonic
など国内外のコンピレーションに多数参加。Gilles PetersonのBBC radio「WorldWide」で
度々紹介され話題になる。ライフワークとして完全即興演奏によるソロピアノコンサートを16歳から続けている。
2010年には金沢在住のソロギタリスト石川征樹と完全即興演奏によるアルバム「共鳴」をリリース。
2011年春に自身の1stアルバム「Fantastic Farewell」をCIRCULATIONSからリリース。
    kansano.com
  • cosmorama.

    Kazuhiro Ohkawa(bass) / Shinya Tamura(drum) / Katsuki Kodama(mpc) / Ryuzo Miyagawa(key)

    4人からなる信州madeのブレンドmusic。 クラブ、ライブハウス、野外イベント、ショップなど
    場所や手法を選ばずマイルド&ビターなsoundを発信(((((–発振–)))))
    地元、長野を中心に他県でも活動の場を広げ、様々な実験と試行錯誤を繰り返し独自の空間で周囲をartisticに巻き込み深化中。
    2005年、結成。長野県内に生息。
    www.myspace.com/cosmoramamusic

    Aragosta

    Experimental HipHop Jam Band.
    From Sound Village Omachi Nagano JPN.
    shun (prog,syn,g), gkt (b,syn), knj (ds,prog)

    Aragosta myspace jp.myspace.com/aragosta.sv

    SwingTime DJs :

    TIGER ( F.S.P )

    97年よりDJ活動を開始。 長野県内を中心に様々なPARTYに出演し経験を積み、HIP HOP.OLD SCHOOL.FUNK.SOULを中心とした豊富な音楽知識と、自身の武器でもあるスクラッチや二枚使いを織り交ぜたPLAY STYLEで数々の現場において、オーディエンスを唸らせる。 現場においては、世界のTOP DJを招致し人気を博している長野県上田市の”Club Loft”にて、毎月第二金曜日開催されているモンスターPARTY”FREEDOM”や毎月第三日曜日開催されているBLACK MUSIC PARTY”STRAIGHT AHEAD”など多数のPARTYにてRESIDENTを務める。2010年よりFREEDOM SOUND PRODUCTIONに所属し、同プロダクション所属のDJによるMIX CDシリーズ”FREEDOM PARTY MIX”にも参加し、今後も同シリーズをリリース予定。

    Asahi Kurata ( Tropical Juice / mother moon music )

    mother moon music 主宰。ジャズ(ラテン、ブラジル、ジャズ・ファンク、フュージョン、フューチャー・ジャズ等を含めた広い定義)、ソウル、ファンク、レゲエさらにはヒップ・ホップ、テクノといった幅広いジャンルを新旧問わずにプレイするDJ。ひっそりと制作されるMIX CDを多方面から高い評価を得ており、その1枚が偶然な経由でイギリスのレコード・ショップの耳にとまり、そこから販売&交流に至る。県内外のDJ(セレクター)、ミュージシャンを迎えて開催される『Tropical Juice』の発起人。
    blog.mothermoonmusic.com

    Sumica ( BLACK SUMMIT )

    BLACK SUMMITの男気GROOVE NO.1。
    ’90s HIP-HOPをROOTSにしながら、JAZZ,FUNK,SOUL…と、
    Dopeな中にも幸福感をもたらす選曲でフロアを 独特なVibesで包みます。



    より大きな地図で Bocca Mag Map を表示